旅行会社のツアーがおススメ!




[jin-fusen3 text=”旅行会社のツアーをおススメする理由”]

  1. 立ち入り禁止区域があります。
  2. 季節や時期によっては、開放されていないことがあります。
  3. 施設情報をバックグラウンドに楽しみましょう

インフラ観光は、国や地方自治体が主催する現場見学会や、官民協働による民間旅行会社企画など様々なツアーが開催されていますが、実際に現地へ赴いた際にはインフラ施設という性質上、立ち入り禁止区域があったり、危険な区域があったりします。誤進入を防ぎ観光をより楽しむためにも、現地に詳しい添乗員同行のツアーを選択されることをお勧めします。<また、施設そのもの役割や存在意義、その歴史を知り体験することで、観光そのものの充実度は各段にあがることでしょう。そのためにも、施設の説明や見どころをよく知っている添乗員同行ツアーがお勧めです。[jin-fusen3 text=”国内ツアーを企画開催している旅行会社をポイントごとにご紹介します。”]

[1]JTB国内旅行
他社にはない魅力的なプランと豊富な在庫があり、24時間オンライン予約可能で、JRや航空券(JAL ,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランも好評です。
おすすめポイント [star5.0]国内ツアーの種類が豊富です。在庫も多く、他で売り切れていてもJTBなら予約がとれる可能性があります。会員登録すると利用のたびにポイントが付き、会員ステータスがあがり、ポイント還元率がアップします。お得なメールマガジンも届きます。

公式ページ

[2]近畿日本ツーリスト
正式には、近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社。社名のとおり、個人で行く旅行プランを多く扱っています。
おすすめポイント [star5.0]
国内のツアー数が多いことが一番のおすすめポイントです。旅行プランの内容が充実している上に、料金がリーズナブル。会員登録が不要で、そのうえ当日現地払い・事前払いが選べます。

公式ページ

[3]阪急交通社
トラピックスというパッケージツアー商品を中心に国内外の充実した内容の旅行ツアーを販売しています。格安旅行が売りで、ホームページでは売れ筋商品をわかりやすく紹介されています。
おススメポイント [star5.0]国内日帰りバスツアーの商品数が多いので、探していたインフラツアーが見つかるかもしれません。コスパで選ぶならば阪急交通社がダントツおススメです。

公式ページ