インフラツーリズムとは

旅行計画に関するアンケート結果より
  1. 旅行の計画を立てるのに疲れてしまった経験がある
  2. 気が付くといつも同じ「マンネリ旅」になってしまう
  3. 旅行を計画する際に使う情報源はいつも同じサイト
  4. もっと良い旅行計画が立てられないかと思ったことがある

半数以上の人が同じように感じたことがあると回答しています。皆さんに当てはまる項目はありましたか。
行先選びから宿泊先の手配まで、行く前に疲れてしまいますよね。当サイトは、インフラ施設を新たな旅先としてご提案し、より良い旅行計画をちょっとだけお手伝いする日本国内の観光インフラツーリズムガイドメディアを目指しています。


[box03 title=”インフラツーリズムって何?!”]橋・ダム・港・空港など、国や自治体が管理する公共施設、土木構造物を地域固有の財産と位置づけて、観光を通じた地域振興のためにインフラを活用する取組です[/box03]

国や自治体が管理中、もしくは工事中のインフラを対象としたツアーや見学会は全国各地で実施されており、普段なかなか入る機会のないインフラ施設や土木構造物を間近で見て体験もできるため、メディアでも多く取り上げらるほど、注目の観光スポットがたくさんあります。

インフラ施設は、国民が支払う税金の恩恵を受け、建設され管理されており、これからもより良い活用を目指すべき公共の施設です。当サイトでは、インフラ施設を「魅力ある公的施設として、ひろく国民に、そして世界に開放される」ため、微力ながらそのお手伝いをしていくことを目的としています。

[jin-fusen2 text=”インフラがアツい!”] 近年のインフラ観光は、見るだけ通りすぎるだけの周遊型観光から、地域着地型/体験型/学習型など、旅行者の行動面を重視した滞在型観光スタイルへ移行してきています。
地域ならではの特徴を生かし地元と自治体が連携して、旅行者の利便性・安全性向上を意識的に目指していますので、メジャーな観光地では味わえないような中身は濃くてゆったりとしたミニマムなツアーの実現が可能となっています。

今度の休みはご家族で、お友達同士で、カップルで、身近な施設の裏側で素敵な非日常体験してみませんか?

[box02 title=”体験型ツアー”]施設内をガイドと一緒に回りながら、施設の役割などを楽しみながら学べるツアー。民間主催ツアーでは、乗り物に乗ったり、施設管理を疑似体験できるツアーもあります。[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”/category/infratourism/activity” target=”_self”]体験ができるインフラツアーを探す[/jin-button-flat][/box02]

[box02 title=”現場見学会”]主に官公庁や自治体が主催。普段は入れない管理施設の中や通路に入れます。期間が限定されていることが多いので、開催時期・要チェックです。[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”/category/infratourism/tour-a” target=”_self”]現場が見学できるインフラツアーを探す[/jin-button-flat][/box02]

[box02 title=”民間主催ツアー”]官民協同によって民間旅行会社が企画立案したツアー。いろいろな楽しみ方のできる体験型・学習型・滞在型のツアーや見学会もあります。[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”/category/infratourism/tour-p” target=”_self”]民間旅行会社主催のインフラツアーを探す[/jin-button-flat][/box02]

[box02 title=”無料ツアー”]自治体や官公庁主催の無料のツアーや見学会。普段は入れない管理施設内や管理用通路などに入れたり、施設管理を疑似体験できたりできます。期間が限定されることが多いので、開催時期※要チェックです。[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”/category/infratourism/free” target=”_self”]無料で参加できるインフラツアーを探す[/jin-button-flat][/box02]